サジーはこんな方におすすめ

サジーは極寒の砂漠地で厳しい環境を生き抜いているグミ科の植物の果実です。 太古から薬として使われてきたほどのそのオレンジ色の小さな果実の中には、 私たちの細胞を元気にする 200種類以上の栄養素がぎっしりと蓄えられています。

便秘や冷え性、疲れやすさ、見た目年齢、膀胱炎、生理痛、貧血気味、肌荒れ、が気になる方や、 産前産後に栄養が必要な時に一日30mlほど、 20kcal程の低カロリーで、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、抗酸化成分、ポリフェノール、鉄分などの健康と美容に嬉しい栄養素を バランスよく摂ることができます。

サジーと言っても種類はいろいろ

サジーは6種類あり12亜種存在します。様々な種類のサジーがある中、どのようにして選んでいけばよいのでしょうか?

サジーは育つ場所が厳しい環境であればある程、蓄えられている栄養素は高くなると考えられています。そしてサジージュースも 甘味料が入っていたりいなかったり、その甘さも酸味もいろいろです。

というわけでサジーをいろいろ飲んで試してみました

サジーはそのままではとても酸味のある果実です。酸味と言ってもレモンのような鋭い酸味ではなく、コクのあるような独特の酸味です。


飲み続けているうちにはまってしまう、好きな人には好きな味、苦手な人には苦手な味かもしれません。サジージュースにはその酸味を和らげるため、甘味料が入っているものもあり 飲みやすく工夫されているものもあります。

もっと知ろう!サジーのこと

サジーはどんな効果がどのくらいで期待できるのでしょうか?酸味を感じにくいおすすめの飲み方や、サジーに関する些細な疑問。

サジーについてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらをご参考にしてくださいね!

サジーの効果・基本 サジーの疑問 サジーを飲んだ体験談 サジーの飲み方・レシピ サジーのその他の製品 サジーの健康・美容コラム

内側から元気になることの大切さ

体は普段食べたものでできているので、内側からきれいになることはとても大切です。それはわかっていても、毎日の食事で栄養のバランスの とれた野菜や果物をしっかりと摂るのは難しいこと。暑くて食欲がない時や、仕事が忙しい時は食事を抜かしてしまうこともあるでしょう。

そんな時、ひとつでも栄養価の高い食べ物や飲み物があれば、効率よく栄養が摂れますね。

実際、毎日バランスのとれた食事を必要な分食べることはとても大変なことです。栄養価の高いもの食事に取り入れることで一日で摂れる栄養がだいぶ変わってきます。 細胞が元気になれば、代謝も上がって体も元気になっていきます。

高い化粧品やスキンケアも大切ですが、口に入れてるもので体は作られています。キレイに、健康を保つためには内側のケアが一番。 食べるものは薬のような即効性はなくても、長く続けることでじっくりと変化を実感できるものです。そのためには続けやすいものを選ぶことが大切です。

サジージュースは栄養価も高く、お試しサイズがあるのでお手軽にお試しできることがとても魅力です。 ぜひ続けやすい物を選んでくださいね。