疲れた脳にアンモニアをためないようにするには

Pocket

疲れると体内に有害物質のアンモニアがたまってきます。「疲労臭」と呼ばれる匂いは、アンモニアの匂いなんです。普通は疲れがたまってアンモニアが発生すると、肝臓が尿として排出するのですが、疲れがたまりすぎていたり、肝臓の機能が低下しているとアンモニアを処理しきれなくなって体内にたまっていってしまうため、「疲労臭」が発生します。

疲れると脳に有毒物質アンモニアがたまる

疲れると脳にアンモニアがたまる?

疲れると脳にアンモニアがたまる?

日々の仕事や育児で体を休めることもできず、プライベートな悩みや人間関係など、肉体的にも精神的にも疲労がたまりやすいですよね。

日本人の約6割は疲れがたまっているんだそうです。朝起きてもすっきりしなかったり、前日の疲れがとり切れないまま次の日が始まってしまうことってありますよね。

疲れると有害物質であるアンモニアが体内で作られます。通常は肝臓がこのアンモニアを尿として外に出す働きをしているのですが、疲れがたまりすぎると肝臓が処理しきれなくなったり、肝臓の機能が低下している場合はアンモニアがどんどん体内にたまっていってしまいます。

よく「疲労臭」と言いますが、疲れると少しすっぱいような臭いを感じたことはありませんか?

これは、肝臓が処理しきれなくなったアンモニアが汗となって出てきているんです。

そして、このアンモニアは脳が疲れた時も出てくるんです。精神的な疲労、人間関係の悩みや仕事のストレスで脳を酷使しているとアンモニアが発生します。

脳がこの毒素を察知すると、これ以上アンモニアを出さないために、脳が信号を送り脳を疲れさせてやる気をなくさせるのです。

体や脳を酷使するのではなく、体のサインを感じ取って休みましょう。

そして体内に蓄積された有毒物質であるアンモニアを排出することも大事です。疲労臭がしたり、いつもやる気が起きない、疲れている感じがするのでは気持ちもすっきりしませんよね。

有毒物質アンモニアを排出するには

アスパラギン酸

アスパラギン酸

この疲れや疲労臭の原因、アンモニアの排出を助けてくれるのが「アスパラギン酸」という物質です。その名の通り、アスパラガスから発見された非必須アミノ酸です。

アスパラギン酸を体内に取り入れることによって、尿の合成を促しアンモニアを体の外に出す助けになります。

飲酒が続いたり、疲れがたまりすぎていたらアスパラギン酸を取り入れることで、肝臓だけでは排出できないアンモニアを外に出していくようにしましょう。

アスパラギン酸は、アスパラガスや豆類・大豆もやし類などに含まれていますが、加熱するとビタミンのように構造が壊れやすくなってしまいます。できれば、加熱しない状態か加熱しすぎない状態で摂取したいところです。

なかなか、アスパラや豆類を加熱しないで食べるのって難しいですよね。

サジー(豊潤サジー)にはアスパラギン酸が一般米酢の約65.5倍も含まれているので、アンモニアの排出に役立ち、果実ジュースなので加熱する必要はありません。

1日の摂取量は 30ml、小さなキャップに一杯です。ジュースや炭酸水に混ぜて飲むと酸味はありますがそのまま飲むより飲みやすいです。含まれている栄養素が200種類ととても高いので、少しの量でも多くの栄養、アスパラギン酸が摂取できるんです。

サジーの飲み方についてはこちらの記事をご参照くださいね。
サジージュースおすすめの飲み方

最後に

疲れると体内に有害物質であるアンモニアが作られます。通常肝臓がアンモニアを尿として排出しますが、疲れがたまりすぎると体内にアンモニアがたまっていってしまいます。脳も使いすぎるとアンモニアがたまってしまい、やる気が出なくなってしまったり、ボーっとしてしまったりします。疲れた時は休むのが一番ですが、アンモニアの排出を助けるアスパラギン酸を摂取し、尿として体の外にどんどん出していきたいですね。

200種類以上の栄養素がぎっしり

豊潤サジー 300ml お試し 豊潤サジー 300ml お試し 豊潤サジーのレビュー 豊潤サジーのお試しはこちら
Pocket