貧血の予防に欠かせない鉄分を吸収しやすい形で摂取できるのがサジー

Pocket

貧血というと、文字の通り血の量が少なかったり血が薄いことを想像しますが、実は貧血というのは血液中のヘモグロビンという物質の濃度で判断されます。貧血になると、細胞に酸素が行き届かないため、様々な症状が出てくるんです。貧血予防に欠かせないのは鉄分の摂取、そしてサジーには理想的な形でその鉄分を体内に吸収する形ができているのです。

貧血になってしまう理由

サジーで貧血予防

サジーで貧血予防

現代の人には貧血の人が多いと言われています。その主な原因は偏った食生活や過度なダイエットなどで鉄分が十分に摂取できていないからです。

貧血になると症状として、めまい、立ちくらみ、耳鳴り、頭痛、食欲不振、動機息切れ、顔面蒼白、疲れやすくなったりします。最近、そんなことはないでしょうか?

貧血の原因はこのほかにも月経によるものや妊娠、出産によるものがあります。偏った食生活で招いてしまう鉄分不足、貧血はぜひとも日々の生活で気を付けていきたいですね。

そして妊娠中は赤ちゃんにも十分な酸素を送れるよう、通常よりも多くの血液が必要となります。その量は通常の20%から30%と言われていて、良質な赤血球を作るためにも妊娠中に鉄分はとても必要なのです。

妊娠中の鉄分補給についてはこちらに詳しく書きました。妊娠中の方はぜひごさんしょうくださいね。
貧血になりがちな妊娠中に必要な鉄分「非ヘム鉄」を含んでいるサジー

月経時、出産時も大量の血液を失ってしまいますので、赤血球を作るために鉄分が必要になります。

鉄分は体への吸収率が低いため、バランスの取れた食事をとることがとても大切です。

そして、貧血の症状が進んでしまうと、抜け毛が増えたり、爪が反り返ったり、舌の異常などを感じるようになってしまいます。

貧血は細胞が酸欠状態になっているので体に様々な症状を引き起こしてしまいます。

ヘモグロビンの役割

ヘモグロビンは肺から全身の細胞へ酸素を運ぶ役割をしています。

ヘモグロビンは血液中にある物質で赤血球に含まれる赤い色の物質、たんぱく質です。このヘモグロビンが減少すると良質な赤血球がうまく作れず、酸素を運べなくなってしまいます。

ヘモグロビンを作るためには鉄分が欠かせないため、貧血の予防には鉄分の摂取が必要とされているのです。

サジーで貧血予防

サジーには200種類以上の栄養素が含まれていて、その栄養素がとてもバランスが良いものになっています。

貧血を予防するには鉄分の摂取が欠かせませんが、サジーには鉄分がプルーンの37.5倍(豊潤サジー・キュリラサジー)入っています。

そしてその鉄分の吸収を助ける役割をするリンゴ酸やビタミンCが自然な形で入っています。鉄分の身体吸収率はわずか8%前後と言われていて、鉄分はどんなに摂取しても体に吸収されにくい構造になっています。

ですが、サジーは鉄分が体内に吸収されやすいよう、リンゴ酸が鉄分を包みビタミンCがその吸収率を上げます。まさにチームプレイと言ってもいいでしょう。

最後に

鉄分が不足すると、血液中のヘモグロビンの濃度が薄くなり肺から全身へ酸素を運ぶ能力が低下し貧血になります。ヘモグロビンを作るには鉄分が欠かせませんが、単体では吸収されにくいためビタミンCと一緒に摂取することで吸収率が高まります。

サジーには多くの鉄分とビタミンC、鉄分を包み込む役割をするリンゴ酸が含まれているので効率よく身体に鉄分を吸収できます。

200種類以上の栄養素がぎっしり

豊潤サジー 300ml お試し 豊潤サジー 300ml お試し 豊潤サジーのレビュー 豊潤サジーのお試しはこちら
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA