サジーと鉄剤を併用する時の注意点!過剰摂取に気を付けて

Pocket

妊娠中などに貧血がひどくなると、病院から鉄剤を処方されることもあるでしょう。鉄剤は飲みにくい、そして吐き気などの副作用を感じることもあります。できれば普段の食生活でも鉄分を取り入れて改善していきたいところです。鉄分が豊富に含まれているサジーは鉄剤と併用しても問題ないのでしょうか?過剰摂取になってしまわないか心配ですよね。詳しく見ていきましょう。

鉄剤とサジーの併用、過剰摂取の危険性

サジー1回分に含まれる鉄分の量は約1.7mgです。一日に必要な鉄分の量は10mg~12mg、過剰摂取といわれている耐容上限量は40mgです。

サジー1回分を飲み、鉄剤と併用しても過剰摂取になる量ではありません。サジーも大量に飲むと、お腹をくだしやすくなるので、あまり過剰に飲まないように気を付けてくださいね。

サジーと鉄剤を併用する時の注意点

サジーと鉄剤を併用する時の注意点

あくまでもサジーはジュース、食品なので、鉄剤と併用した場合も特に弊害などはありません。どうしても心配な場合は、一度かかりつけの医師にご相談くださいね。

鉄分は普段の食事でも摂取しよう

難しいかもしれませんが、鉄分は普段の食生活でも積極的に取り入れていくことが大切です。鉄剤でも鉄分は補給できますが、吐き気や下痢、便秘、頭痛などの副作用が起きてしまうことがあります。

特に妊娠すると貧血気味になり、鉄剤が処方されることがありますが、飲みにくい、副作用が出て辛い、などの声がありますよね。できれば食生活でも鉄分が含まれた食品を積極的に摂り、貧血改善に臨んでいきたいところです。

ただ、鉄分は体に吸収されにくいという性質があるため、食べ物だけですべてカバーするのは難しいかもしれません。そんな時は、鉄分の補助食品なども取り入れてできるだけ少しでも多くの鉄分、そして鉄分の吸収を助けるビタミンが入った物を選ぶといいですね。

サジーには鉄分とビタミンが豊富

鉄分は体内に吸収されにくい栄養素の一つです。摂取した鉄分がそのまますべて体内に吸収されるわけではありません。単体で摂取した場合、植物性の非ヘム鉄では1~6%、動物性のヘム鉄でも10%~20%といわれています。

とても低いですよね。この吸収率を上げる助けをするのがビタミンCです。ビタミンCは胃の中の鉄を還元鉄という鳩首されやすい形の鉄にするため、吸収率がよくなります。クエン酸などに含まれているアミノ酸にも非ヘム鉄の吸収率を上げる働きがあります。

砂漠で育ったサジーは、200種類以上の栄養素がバランスよく含まれています。鉄分はプルーンの38.5倍、そして吸収率を上げるビタミンCもレモンの9.0倍、アミノ酸も19種類含まれています。

フィネス 豊潤サジー

フィネス 豊潤サジー

鉄分単体で摂るのではなく、他の栄養素もバランスよく含まれているので、とても効率よく鉄分を摂取することができます。一回の量も30mlと少なく、カロリーもたったの5kcalです。

鉄分を摂取したい、でもそんなに多く食べられない、、そんな方にはぴったりのサジーです。少し酸味の強いジュースなので、まずはお試しサイズから始めてみるのがおすすめです。

200種類以上の栄養素がぎっしり

豊潤サジー 300ml お試し 豊潤サジー 300ml お試し 豊潤サジーのレビュー 豊潤サジーのお試しはこちら
Pocket